FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『まぼろしハワイ』 よしもとばなな


まぼろしハワイ (幻冬舎文庫) よしもとばなな

まぼろしハワイ (幻冬舎文庫) よしもとばなな


まぼろしハワイ (幻冬舎文庫) よしもとばなな

 『まぼろしハワイ』
  著者・よしもとばなな
  出版社・幻冬舎
  出版年・2010年8月
  評価・☆☆☆☆☆

ハワイっていいな、ハワイに行きたいな。読んでいて思いました。

ハワイの人たちはやさしくて、おおらかで、丸ごと包んでくれる(そうじゃない人もいるだろうけど)。空は青い、海も青い、太陽サンサン。
そんなところに行ったらすごく伸び伸びできるだろうな。

登場人物は大切な人を亡くしていますが、そんな悲しみもハワイに癒されます。それは、ハワイの魔法のような気がします。
ハワイって不思議な場所です。

ハワイの美しい風景や風、よしもとばななさんはハワイが好きなんだろうな、ということが伝わってきました。
ハワイっていいところだな、と前から思っていたけど、この本を読んでますます好きになりました。



   最後まで読んでくれてありがとう。
↓たくさんの書評・レビュー・感想が集まっています↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌

『どんぐり姉妹』 よしもとばなな


どんぐり姉妹

どんぐり姉妹


どんぐり姉妹

 『どんぐり姉妹』
  著者・よしもとばなな
  出版社・新潮社
  出版年・2010年11月
  評価・☆☆☆

「どんぐり姉妹」というとかわいい感じがするけど、この姉妹の名前がどん子とぐり子というそれぞれの名前を聞くとどん臭い。
どんぐり姉妹は、たわいのないお話を受け止めるため、メールサイトを運営しています。どんぐり姉妹というのは、叶姉妹とかみたいなユニット名です。


人間ってそんなにわかりやすくできていて、ごはん以外のものも毎日食べているんだ。
雰囲気とか、考え方とかそういうものまで。

実際の世界は全て私の内面が反映されて作られていると言うのは、あながち嘘ではないと思う。



よしもとばななさんには、目に見えない世界が見えているのかもしれません。

どんぐり姉妹に届いたやすみさんからのメール、夢で麦くんと会ったこと。偶然それらのことが重なって、ぐり子は導かれていきます。これも目に見えないものの力ではないかと思います。

なんだか不思議な時間が流れているお話でした。


↓たくさんの書評・レビュー・感想が集まっています↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村



テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌

『サウスポイント』 よしもとばなな


サウスポイント (中公文庫)

サウスポイント (中公文庫)


サウスポイント (中公文庫)

 『サウスポイント』
  著者・よしもとばなな
  出版社・中央公論新社
  出版年・2011年4月
  評価・☆☆☆☆

ハワイを舞台に初恋の相手との恋愛が展開します。

ハワイには不思議な空気が流れています。だから、不思議なことが起こってもありえない、不思議だと感じさせない。ハワイはそんなところだと思います。

『サウスポイント』も全体的に不思議な雰囲気が漂っています。
テトラちゃんは偶然スーパーで聴いたハワイアン音楽をきっかけに、初恋の相手・珠彦くんに出会います。
珠彦くんのお母さんは、珠彦くんのお父さんになる人とハワイで偶然2度も出会います。
親子で偶然にも好きな人と出会うなんて、なんだかそれだけでも不思議。普通ではありえない!と思うシチュエーションでも、ハワイという場所、よしもとばななさんの作品だから自然と受け入れられます。

静かで幸せな時間。そんなものを感じ、穏やかな気持ちになります。



↓たくさんの書評・レビュー・感想が集まっています↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村



テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌

『ほうき星 (上)』 山本一力


ほうき星 上 (角川文庫)

ほうき星 上 (角川文庫)


ほうき星 上 (角川文庫)

 『ほうき星』
  著者・山本一力
  出版社・角川書店
  出版年・2011年12月
  評価・☆☆☆

ほうき星が流れた年に生まれたさち。
ほうき星は古来,その出現は凶事の前兆とされていたそうです。
さちと言う名前は、幸があるようにという意味で付けられました。しかし、さちに不幸が襲い掛かります。

さちは5歳のときに両親を亡くします。
5歳なんてまだまだ子供。でも、さちはしっかりとしていて、いつまでも親が亡くなったことを泣いたりしません。
今まで深川に住んでいたのですが、母・さくらの姉・ききょうの元に引き取られ、小網町に越します。深川を懐かしく思うのですが、深川のことを忘れ、小網町で暮らそうとします。

小さい子供ながらしっかりしているな、と思います。母を大店の娘に持つ子は違います。
それだけではなく、今の時代の子と江戸時代の子は、自分で自分の世話をしたりしっかりさが違います。

さちが生まれたときは長屋の人がお祝いをしてくれ、両親が亡くなったときには葬儀の手伝いをする。さちが越すときには、いつでも戻っておいでと温かく見送る。
人々の人情、温かさを感じました。



↓たくさんの書評・レビュー・感想が集まっています↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村



テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

『チエちゃんと私』 よしもとばなな


チエちゃんと私 (文春文庫)

チエちゃんと私 (文春文庫)


チエちゃんと私 (文春文庫)

 『チエちゃんと私』
  著者・よしもとばなな
  出版社・文藝春秋
  出版年・2009年4月
  評価・☆☆☆

チエちゃんって不思議な人。35歳の大人なんだけど、なんだか子供みたい。
料理はお味噌汁しか作れない、口数が少ない、あまり外に出ない、自分の枕でないと眠れない、仕事はしていなくて、41歳独身女性の従姉・カオリと同棲中。お風呂掃除や玄関掃除など家の掃除はするんだけど、選択を干したりたたんだりは自分しない(できない?)。気に入った料理があると、それを作ってくれるようカオリに頼み、同じものばかり何日も食べ続ける。

ちょっと変わっているんだけど、カオリはそんなチエちゃんのことが好きです。
チエちゃんの中には、何か清潔なもの光のようなものがある。チエちゃんは他の人やものに流されず、自分の時間をしっかり持っている。そんなところにカオリは引かれたり、安らぎを感じるんじゃないかと思います。

よしもとばななさんの作品に出てくる人たちはみんな好きです。嫌な人がいない。
みんな自分の軸がしっかりしていて、「自分」というものをしっかり持っている。辛いことや困難なことがあっても前向きに捉えている。人の悪口を言わない。今自分のできることを無理のない範囲でして、「今」という時間を精一杯生きている。
どの登場人物たちも内に純粋でキラキラと光る光を持っていて、輝いて見えます。

よしもとばななさんの作品は読後「ああ、よかった」と思えます。
この作品も読後「ああ、よかった」と思いました。


↓たくさんの書評・レビュー・感想が集まっています↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村


テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。