FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便秘解消にはヨーグルト、だけではダメだった


「腸を温める」と体の不調が消える (青春新書INTELLIGENCE)


「腸を温める」と体の不調が消える (青春新書INTELLIGENCE)

 『「腸を温める」と体の不調が消える (青春新書INTELLIGENCE)「腸を温める」と体の不調が消える (青春新書INTELLIGENCE)
 著者・松生恒夫
 出版社・青春出版社
  出版年・2013年2月
  評価・☆☆☆☆

便秘には食物繊維、水分、ヨーグルトというが、これらのものを摂っても便秘が解消しないことがある。なぜなら、食物繊維不足、水分不足、腸内環境が悪いということだけが便秘の原因ではないからだ。本書では、5つの腸ストレスとその対処法を解説。

今までたくさんの便秘に関する本を読んできた。ほとんどの本が、食物繊維を摂りましょう、ヨーグルトなど発酵食品を食べましょう、腸マッサージをしましょう、というものだった。これらのことをやっても便秘が解消しないから読んでいるのに、どれも同じような内容で目新しいことがない。

本書は今まで読んできた便秘本とは違った。新しく知ったことで一番意外だったことは「酸化」。酸化を起こす原因は活性酸素。肉類など脂が多いもの、ストレス、運動のしすぎ、排ガス、食品添加物などが活性酸素を発生し、腸を酸化させる。腸が酸化すると、腸の動きが悪くなって便秘になってしまうそうだ。

酸化は便秘よりもひどい状態を招くことがある。近年増えてきている潰瘍性大腸炎、クローン病といった超疾患だ。潰瘍性大腸炎は大腸に炎症を起こす病気で、下痢、下血、腹痛、発熱などが見られる。クローン病は消化管全体に炎症が多発したり、潰瘍が見られる。腹痛、下痢、下血、発熱、体重減少などが見られる。どちらも治療が難しい病気だ。

腸はストレスの影響を受けやすく、ストレスが原因で便秘になってしまうことがある。それだけでなく、ストレスで活性酸素が発生し炎症を起こす。炎症で腸の動きが悪くなる。ストレスを解消するだけでなく、活性酸素を消去する抗酸化力の高いものを食べるのも、腸にとってよいことなのだと知った。

腸に悪いのは酸化だけではない。欠食、偏食も腸に悪影響を与える。食事を抜くと食物繊維が不足して便秘になる、ということは知っていた。だが、欠食、偏食が腸に悪い理由はそれだけではない。腸はグルタミンをエネルギー源にしている。体の機能を円滑にするためには、マグネシウムが必要。食物繊維は意識的に摂っているが、同じものばかり食べていて偏食だった。偏食で腸を動かす栄養素が不足していたのかもしれない。

本書は腸の不調を起こす原因を5つにタイプ分けしているところが他の本と違って読み応えがあった。たくさんの便秘本を読んできたが、まだまだ知らないことがある。


関連書籍
『大便通』
『「腸ストレス」を取ると老化は防げる』
『「腸ストレス」を取り去る習慣』
『スーパー便秘に克つ!』
『便活ダイエット』
『味噌、しょうゆ、キムチ 植物性乳酸菌で腸内改革』


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 読書 - ジャンル : 本・雑誌

『味噌、しょうゆ、キムチ 植物性乳酸菌で腸内改革』 松生恒夫


味噌、しょうゆ、キムチ 植物性乳酸菌で腸内改革 (主婦の友新書)

味噌、しょうゆ、キムチ 植物性乳酸菌で腸内改革 (主婦の友新書)

新品価格
¥820から


味噌、しょうゆ、キムチ 植物性乳酸菌で腸内改革 (主婦の友新書)

 『味噌、しょうゆ、キムチ 植物性乳酸菌で腸内改革』
  著者・松生恒夫
  出版社・主婦の友社
  出版年・2012年2月
  評価・☆☆☆☆

日本人のがん部位別罹患者数は、2003年女性で大腸がん1位、男性は2009年で大腸がんは3位。大腸がん死亡者数は、2009年では4万2800人。1960年代は、大腸がんの罹患者は少なかったのですが、わずか50年の間に約9倍も増えてしまいました。

なぜこれほどまで大腸がんが増えてしまったのか。
その原因として、肉や乳製品の摂取量の増加、植物性乳酸菌摂取量の減少が考えられます。植物性乳酸菌の摂取量が減少したのに対し、動物性乳酸菌の摂取量が増加しています。

動物性と植物性、同じ乳酸菌なんだから、どっちを摂っても同じでしょ、と思うかもしれません。ですが、同じ乳酸菌でも生育場所が違うとその性質も違います。
植物性乳酸菌は、塩分濃度が高く栄養が乏しい環境で生きていかなければなりません。そのため、動物性乳酸菌よりも生きて腸に届く力が強い。

植物性乳酸菌摂取により、下剤常用者の下剤使用量が減少、高齢者の下剤使用量が減少、ニキビの改善といったよい変化が確認されています。
腸と脳には深い関係があり、腸の調子がよくないと不快感や抑うつ感を感じることがあります。植物性乳酸菌の摂取により、不安、緊張、抑うつ感が減少しました。

これらは主に「すぐき」という漬物に付いているラブレ菌の摂取による変化です。
漬物なんておいしくない、なんだか年寄りくさい、というイメージがあったのですが、本書を読んで植物性乳酸菌、漬物のすばらしさを知りました。
便秘解消にはヨーグルトのイメージがあるけど、漬物の価値も見直すべきです。漬物が食べたくなりました。



便秘関連書籍
『大便通』
『「腸ストレス」を取ると老化は防げる』
『「腸ストレス」を取り去る習慣』
『スーパー便秘に克つ!』
『便活ダイエット』


書評・レビューブログランキング
おすすめ本ブログランキング
10位以内ランクイン!

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

『大便通』 辨野義己


大便通 知っているようで知らない大腸・便・腸内細菌 (幻冬舎新書)

大便通 知っているようで知らない大腸・便・腸内細菌 (幻冬舎新書)


大便通 知っているようで知らない大腸・便・腸内細菌 (幻冬舎新書)

 『大便通 知っているようで知らない大腸・便・腸内細菌』
  著者・辨野義己
  出版社・幻冬舎
  出版年・2012年11月
  評価・☆☆☆☆☆

「べんのよしみ」これほど便に縁のある名前の人はいません。あるテレビ番組でタモリさんに「先生は、便の研究をするよしみで『べんのよしみ』になったんですよね?」と言われたそうです。でも、「辨野義己」は本名です。

辨野さんの本はどれも語り口が柔らかで読みやすい。ユーモアもあります。
便のことを話すのってちょっとためらわれたりするけど、辨野さんはまったく恥ずかしがらずに話しているところが好きです。

便は自分でデザインすることができる。辨野さんはメカブがたくさん入ったうどんを2人前食べて、ニシキヘビのような素晴らしい便をしたことがあるそうです。
私もこんなすっごい便がスルッと出るようになるといいな。

辨野さんは、本当に便のことを愛している(?)のだなと思います。




   最後まで読んでくれてありがとう
  ↓たくさんの書評・レビュー・感想が集まっています↓

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌

『40歳からの腸内改造』 松生恒夫


40歳からの腸内改造 (ちくま新書)

40歳からの腸内改造 (ちくま新書)


40歳からの腸内改造 (ちくま新書)

 『40歳からの腸内改造』
  著者・松生恒夫
  出版社・筑摩書房
  出版年・2010年6月
  評価・☆☆☆☆

『40歳からの腸内改造』というタイトルの通り、40歳以上の人を主な対象に書かれています。ですが、40歳以下の人でも腸内環境をよくするノウハウは参考になります。

大腸がんは50歳、60歳くらいの人に多かったのですが、最近は40歳代でも大腸がんになる人が増えてきているそうです。
本書では、松生恒夫さんの他の本よりも多くのページを使って大腸がんのことについて触れられています。

大腸がんと便秘は関係ないとされていますが、便秘の人の方がそうでない人に比べて大腸がんになる人が多いそうです。腸内環境をよくして便秘を防ぐにはどうすればいいのか。その具体的な方法が述べられています。

ミントティーの力はすごいな、と思いました。実際ミントティーを飲んでみて、便通がよくなりました。
ショコラミントティーというのが紹介されていて、おいしいのかな?とちょっと疑問。どんな味なのか興味があります。でも、自分で作って飲むのにはちょっと抵抗が・・・。

お腹の調子がいまひとつよくないという人はもちろん、特に40歳以上の人におすすめの本です。



   最後まで読んでくれてありがとう
  ↓たくさんの書評・レビュー・感想が集まっています↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

『「腸ストレス」を取ると老化は防げる』 松生恒夫


「腸ストレス」を取ると老化は防げる (青春新書インテリジェンス)

「腸ストレス」を取ると老化は防げる (青春新書インテリジェンス)


「腸ストレス」を取ると老化は防げる (青春新書インテリジェンス)

 『「腸ストレス」を取ると老化は防げる』
  著者・松生恒夫
  出版社・青春出版社
  出版年・2011年12月
  評価・☆☆☆☆

『「腸ストレス」を取り去る習慣』と似たような内容ですが、新たな発見もありました。

便秘解消には、食物繊維を摂る・水分を摂る・運動などと言われていますが、それだけではダメです。
マグネシウムは腸の働きをよくする、グルタミンは腸のエネルギー源。栄養をしっかり摂ることも大切です。

そしてリラックスすること、腹筋を鍛えることも大切。
リラックス法や腸の働きをよくするマッサージも紹介しています。

腸によいレシピも紹介。どれも材料が手に入れやすく、簡単にできるものです。

玄米についての記述はとても参考になりました。
食物繊維の摂取法など気をつけようと思いました。



   最後まで読んでくれてありがとう
  ↓たくさんの書評・レビュー・感想が集まっています↓

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。