FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報の真偽を見極める


朝日新聞記者のネット情報活用術 (朝日新書)


朝日新聞記者のネット情報活用術 (朝日新書)

朝日新聞記者のネット情報活用術 (朝日新書)朝日新聞記者のネット情報活用術 (朝日新書)
著者・平和博
出版社・朝日新聞出版
出版年・2012年3月
評価・☆☆☆

ネットは生活になくてはならないものだ。飲食店を探す、電車の乗換えを調べる、口コミを見る、わからないことを調べる、ネットでニュースを見る。ネットで知りたいことをすぐに知ることができる。
だが、その情報は信じていいのだろうか。まったくうそがないといい切れるだろうか。

調べものをしているとき、まず当たるのがオンライン百科事典「ウィキペディア」だろう。
2009年、フランス人の作曲家・モーリス・ジャール氏が死去した3日後、英ガーディアンが掲載した追悼記事にこう書かれていた。

「私の人生は、長いひとつのサウンドトラックだった。音楽こそが我が人生、音楽が私を産み落としたのだ」



英ガーディアンに掲載されたされたこの記事は、ウィキペディアに書かれていたものをそのまま引用したものだ。記事が掲載された1ヵ月後、モーリス・ジャーナル氏の追悼記事で引用した言葉は、捏造されたものだ、という指摘がされた。
ウィキペディアに書き込まれた記事は、メディアがどれだけウィキペディアに依存しているかを調べるために、ある青年が行った「実験」だったのだ。

ウィキペディアは、誰でも書き込みをすることができる。未登録の利用者が書き込みをすると、送信元のIPアドレスが記憶される。このIPアドレスから、どこの組織が書き込みをしたのかがわかる。調べてみると、ローマ法王庁や米中央情報局、日本では厚生労働省など複数の省庁が書き込みをしていることがわかった。

「ミスター年金」民主党・長妻昭衆院議員の項目に、「行政官を酷使して自らの金稼ぎにつなげているとの指摘もある」と書き加えられていました。



関係者が自分の都合のいいように書き込みをすることもあるのだ。

真偽を見極めるには、一次資料に当たることだ。ウィキペディアだったら、脚注というのがついていることがある。それを当たって、もとの情報がどうだったかを調べることで、情報の真偽を確かめることができる。

ネットは便利だ。だが、便利であるがゆえに依存し過ぎてしまっていないだろうか。ネットをうまく活用するには、書かれていることを何でも信じるのではなく、自分で情報の真偽を確かめ、取捨選択していかなければならない。



このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

感想 『夢をかなえるツイッター』 内藤みか


夢をかなえるツイッター ~いいことが起こるつぶやきのコツ

夢をかなえるツイッター ~いいことが起こるつぶやきのコツ

新品価格
¥998から
amazonで見る


夢をかなえるツイッター ~いいことが起こるつぶやきのコツ

 『夢をかなえるツイッター ~いいことが起こるつぶやきのコツ夢をかなえるツイッター ~いいことが起こるつぶやきのコツ
  著者・内藤みか
  出版社・技術評論社
  出版年・2010年1月
  評価・☆☆☆

そういえば、最近つぶやきシローをテレビで見ない。彼は今どうしているのか。
同じつぶやきでもこちらは賑わっています、ツイッター。年々利用者は増加。身の回りにもツイッターをやっている人が多くいると思います。
最近、私もツイッターを始めました。

ツイッターには幅広い使い方があります。ビジネス、友達との交流、同じ趣味の人を見つけるなどなど。ツイッターがきっかけで結婚した人もいます。著者はツイッターがきっかけで本の出版など、夢をかなえています。

ツイッターを通じて仕事を得た人もいます。彼はそれまで無職でした。
彼はiPhoneイベントが開かれることをツイートしました。これを見た人がリツイートし、さらに他の人がリツイートしどんどん広がっていきます。彼の投稿はあっという間に広がっていきニュースサイトでも紹介されました。これがきっかけで仕事へと発展しました。

ブログだったらこんなに広がったでしょうか。人気ブロガーは別として、普通の人が書いた記事をどれだけの人が読んでいるか。そして、その記事をどのくらいの人が広めてくれるか。ブログを読んでくれた人はごく少数、広げてくれた人はいない可能性もあります。ツイッターのように広まらなかったでしょう。

著者は4ヶ月でフォロワーが5000人、10日で700人になった人もいます。これだけ多くの人が、自分の投稿した文章を読んでくれているのです。ブログでは、なかなかここまで読者を得られません。

ブログはツイッターに比べ文字数が多いので、書くのにある程度時間がかかると思います。ツイッターだったら140字という短い文章で投稿するのに1分程度。だから気軽に投稿できる。多くの人に瞬く間に広がる、そして多くの人と繋がり、誰かがつぶやいたことを広め、それがきっかけで出会いがある、夢がかなう。
ツイッターだからこそできることだと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

感想 『「捨てる!」ほど快適になるパソコンのカラクリ』 湯浅顕人


捨てる!ほど快適になるパソコンのカラクリ (宝島社新書 269)

捨てる!ほど快適になるパソコンのカラクリ (宝島社新書 269)

新品価格
¥680から
amazonで見る


捨てる!ほど快適になるパソコンのカラクリ (宝島社新書 269)

 『捨てる!ほど快適になるパソコンのカラクリ 捨てる!ほど快適になるパソコンのカラクリ
  著者・湯浅顕人
  出版社・宝島社
  出版年・2008年4月
  評価・☆☆☆

パソコンの起動が遅い、動きが遅い、突然固まる。こんなことで困っていませんか。
自分でパソコンの不具合を直し、高速化することはできます。

パソコンが遅いのは、不要なソフトやファイルが溜まっているのが原因。パソコンには、買ったときから使わないソフトがたくさん入っています。これは、パソコンが万人向けに作られていて、誰が使っても不具合がないようにするため。

最初から入っているソフトは、パソコンの料金に含まれています。使わないし、あっても遅くなるだけでいらないのに料金を取られてしまうなんて不条理な話です。

使っているうちに「ゴミファイル」も溜まってきます。自分で作って捨てるのを忘れたファイル、不具合が起きてできてしまったファイル。
パソコンは一見整然と動いているようですが、内部では不測の事態が日々起こっていて、「ゴミファイル」ができてしまいます。

これらの不要なものを捨てるだけで、スムーズにパソコンが動き、快適に使えるようになります。
人間も不要なもの(脂肪)がついていると動きが遅いような気が。人間もパソコンも不要なものを捨てスマートになった方が動きが早く、快適になります。

快適にする作業はすべてお金をかけずにできます。ソフトを買う必要はありません。
パソコンのことはよくわからず父に任せてしまっていますが、本書に書いてある内容は、すべて自分でできました。操作を行って少し動きが早くなり、イライラも軽減です。


コンピューター・IT書籍ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。