スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんな最後を迎えたい?


新・お葬式の作法 (平凡社新書)


新・お葬式の作法 (平凡社新書)

 『新・お葬式の作法 (平凡社新書)新・お葬式の作法 (平凡社新書)
  著者・碑文谷創
  出版社・平凡社
  出版年・2006年3月
  評価・☆☆☆

人は必ず死ぬ。死者がでたら葬儀を行わなければなりません。かつては地域コミュニティによって、村の人たちが協力して葬儀を行っていました。高度経済成長期には、祭壇を豪華に飾る葬儀が主流になります。場所も自宅での葬儀から斎場へと変わっていきます。バブル崩壊後、家族だけで行う家族葬や簡素化した葬儀が行われるようになってきました。葬儀のあり方はどんなものがいいのでしょうか。

遺族が故人にしてあげられることは限られています。大きな斎場でたくさんの人を集め、祭壇を豪華に飾り、ランクの高い戒名をつけてもらう。豪華な飾りはあの世を表しています。豪華な葬儀には、すばらしい世界へ旅立って欲しいという想いがあります。たくさんのお金をかけることで、故人への想いを表すこともできるでしょう。

しかし、お金をかけた分だけ故人のことを想っていることになるのでしょうか。社会的な見栄、恥ずかしくないようにという思いがないでしょうか。見栄で豪華にした葬儀は、故人への心が伴いません。簡素な葬儀だからといって故人をないがしろにしているわけではありません。簡素な葬儀の方が故人への想いがこもっていることもあります。

最近は無宗教で行う「自由葬」というものが登場しました。無宗教なので、読経はあげません。替わりに故人の好きだった曲をかけます。故人をよく知っているからこそ好きな曲を知っている。そこには、故人との深いつながりがあります。また、最後に好きだった曲を聞かせてあげることは、故人の喜びになるのではないでしょうか。残された人たちは、故人との思い出に浸ることができるでしょう。

かつては色花や棘のある花はタブーとされていました。この頃は、その人にふさわしい花が選ばれるようになりました。バラが好きだった人ならバラを、地味な花が好きであれば地味な花を。造花ではなく生花を飾ることが多いです。好きな花に囲まれてこの世から旅立たせてあげる。これも故人への想いが込められています。

故人のことを想っているから豪華な葬儀をするのではありません。見栄だけで豪華なことがあります。簡素だからといって故人をないがしろにしているわけではありません。簡素であっても、そこに心がこもっています。心が伴わない今までの豪華なだけの葬儀のあり方を変えていくべきでしょう。


『葬式は、要らない』
『その死に方は、迷惑です ―遺言書と生前三点契約書』


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

病気になってからでは遅い 遺言書を今すぐつくろう


その死に方は、迷惑です ―遺言書と生前三点契約書 (集英社新書)


その死に方は、迷惑です ―遺言書と生前三点契約書 (集英社新書)

 『その死に方は、迷惑です ―遺言書と生前三点契約書 (集英社新書)その死に方は、迷惑です ―遺言書と生前三点契約書 (集英社新書)
  著者・本田桂子
  出版社・集英社
  出版年・2007年5月
  評価・☆☆☆☆

「長男だから、俺が遺産を一番多くもらうのが道理だ!」
「お袋の介護はおれがしていたんだ。兄さんは何もしていないじゃないか。世話をした俺が多くもらうんだ!」

親の死後、兄弟で遺産分配を争って問題になった事例をテレビでよく見かけます。他にも嫁と姑で遺産を奪い合ったり、親戚が横から出てきたり、まったく知らなかった異父兄弟が出てきたりと、遺産をめぐる争いが絶えません。遺言書さえあればこんなことにはならなかったのに。

遺言書は遺産争いを防ぐだけではありません。死後、預貯金の解約やマイホームの名義を配偶者に変更しなければなりませんが、その手続きが楽になります。

もし遺言書がなかったら、家族が預貯金やクレジットカード、郵便物などを調べて財産を洗いざらい明らかにし、戸籍謄本・住民票・印鑑証明書などを集めなければなりません。それから財産目録をつくることになります。相続人全員で、誰がどの財産をもらうか話し合い、うまくまとまったら遺産分割協議書というものをつくります。そしてやっと名義変更手続きができるのです。

すべての財産を明らかにしたり、戸籍謄本などを集めるだけでも大変です。相続人全員で話し合って、うまくまとまることも少ないでしょう。家族の負担は大きいです。こうしている間にも時間は過ぎ、その間の生活費に困ることになるかもしれません。

では、こういった困ったことをなくすためにはどうすればいいのか、というのが本書の内容。生前、体が不自由になったり、認知能力がなくなったとき、自分の生活が困らない方法も解説しています。

遺言書はただ書けばいいというものではありません。遺言書は自筆遺言と公正証書遺言の2種類があります。自筆遺言書は法的効力がなく、家庭裁判所の検認を受けなければならず、検認まで1、2ヶ月かかるので、公正証書遺言をつくるのをおすすめします。

公正証書遺言は、つくるのに1ヶ月程度かかります。病気になって入院してからつくろうとしても、遺言書が完成するまで生きているかわかりません。著者は依頼を受けたが遺言書が完成するまでに亡くなってしまったケースをいくつか経験しています。病気になってからでは遅い。今は元気だからいいやと思わず、元気なうちに遺言書をつくることをおすすめします。


関連書籍
葬式は、要らない

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

なぜ風が吹くと電車は止まるのか


なぜ風が吹くと電車は止まるのか (PHP新書)


なぜ風が吹くと電車は止まるのか (PHP新書)

 『なぜ風が吹くと電車は止まるのか (PHP新書)なぜ風が吹くと電車は止まるのか (PHP新書)
  著者・梅原淳
  出版社・PHP研究所
  出版年・2012年8月
  評価・☆☆☆☆

「今日は風が強いから電車が止まるかも・・・」と思って早めに駅に行くと、思っていた通り電車が止まっている。「いつもこの路線ばっかり!」とイライラした経験が誰しもあるはず。本書では、東日本大震災後、首都圏で危惧される地震や強風、落雷、ゲリラ雷雨にどう電車が対処しているのかを解説。人身被害や火災といった被害のの問題点にも触れています。

強風が吹くとすぐ電車は止まってしまいますよね。2000年代半ば以降、特に増えていると感じます。よく電車が止まるようになったのは、風に対する基準が変わったからだそうです。以前は風速毎秒30メートル以上で運休としていたのが、風速毎秒25メートル以降で運休と変更されました。

風速毎秒25メートルといってもピンときません。著者は千葉県の内房、東京湾から200メートルほどの海岸線に住んでいるそうです。内陸と比べるとかなり風が強い。
著者の経験では、風速毎秒25メートルではまず外出できないそうです。時速に直すと90キロメートルもあります。玄関の扉は容易に開けられないし、外を歩くのなんて無理。自動車を運転するにもハンドルを取られてしまい危険な状態です。

駅のホームでは強い風を感じないかもしれませんが、橋梁では強風が吹いていることがあります。
2005年12月25日、羽越線特急「いなほ14号」が強風による脱線事故が起こりました。「いなほ14号」が第2最上川橋梁を渡り終えた直後、強風を受け脱線しました。
「こんなちょっとの風くらいで止めるな!」と怒りたくなることもありますが、ホームで強風を感じなくとも、危険があるのです。

強風に対しては、防風柵や防風林を設置し防いでいます。また、風に対する基準が厳しくなったことで、事故を防げる確率が高くなったので、強風による脱線は心配しなくても大丈夫でしょう。

台風や長雨で河川の流量が増すと予想されたときには、係員が橋梁の傍らに立ち河川の水かさを監視し続けます。雨が降っている中監視することもあるでしょう。寒いこともあるでしょう。JRは非難されることがしばしばありますが、ずっと監視し乗客の安全を守ってくれている鉄道係員の努力には感謝しなければいけません。

他にも駅の先に伸びる途中で切れてしまっている線路のなぞや火災への対策、停電したときはどうなるのかなど、電車に関する不思議がつまっていて、電車に乗るときの楽しみが増えました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌

葬式は、要らない


葬式は、要らない (幻冬舎新書)


葬式は、要らない (幻冬舎新書)

 『葬式は、要らない (幻冬舎新書)葬式は、要らない (幻冬舎新書)
  著者・島田裕巳
  出版社・幻冬舎
  出版年・2010年1月 初版
  評価・☆☆☆☆

「葬式は、要らない」
著者は葬式を否定しているのではなく、豪華な葬式をする必要があるのか、と疑問を投げかけている。

葬式にかけた費用の全国平均は231万円。世界と比較してみても、1990年代前半、アメリカは44万4000円、イギリスは12万3000円、ドイツは19万8000円。アメリカでも日本の5分の1以下。日本の葬式がいかに豪華でお金をかけていらかがわかります。

私が死んだときには葬式をしないで欲しい。

通夜、葬儀・告別式と2日に渡って行う理由がわからない。葬式を行う遺族の負担が増えるしお金がかかる。会葬者も2日出てくれる人もいることでしょう。そうすると、その人は仕事を休まなければならず、負担になります。祭壇には何十万円とお金がかかっています。祭壇を豪華に飾ってくれてもうれしくありません。魂の抜けた亡骸に一生懸命何かをするのは、人形に一生懸命お世話しているようなものです。

お経は何を言っているのかわからない。小さいとき、長いお経を正座しながら聞いていてとても退屈で、足がしびれて嫌でした。会葬者にそんな思いはさせたくありません。お経を唱えてもらわなくても、あの世にはちゃんと行けます。無宗教なので、仏教式の葬式を挙げて、お経を唱えてもらいたくありません。

戒名もつけなくていい。漢字ばかり並んでいて読めません。自分の名前を気に入っているので、変な名前をつけないで欲しい。戒名にはランクがあって、ランクが高いほど戒名料も高くなります。安くても10万円、一番高いランクでは100万円以上になります。お寺にお墓がある場合は、寄進する必要があるので戒名料は支払わなければいけませんが、そうでない場合、払う必要はありません。数文字のために高いお金を払うのはバカバカしい。

今は葬式の形が変わってきて、近親者だけで葬式を行ったり、通夜だけで葬儀・告別式を行わない直葬というのがあるそうです。その場合、10万円程度で葬式を行えるそうです。死んだときには直葬にして欲しい。
戒名は自分でつけることができます。戒名はその人の勲章みたいなもの。何も知らないお坊さんよりも、自分や亡き人のことをよく知っている人がつけた方が、もっともその人にふさわしい戒名をつけることができます。

葬式を行うのは遺族です。死ぬ前に自分がどういった葬式を行って欲しいのか、戒名はどうするのかといったことを遺族にしっかり伝えておくべきでしょう。そうすれば、残された人の負担が減るはずです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌

『字がうまくなる』○ーキャンを受ける必要なし


字がうまくなる 「字配り」のすすめ (新潮新書)

字がうまくなる 「字配り」のすすめ (新潮新書)

新品価格
¥714から
amazonで見る


字がうまくなる 「字配り」のすすめ (新潮新書)

 『字がうまくなる 「字配り」のすすめ (新潮新書)字がうまくなる 「字配り」のすすめ (新潮新書)
  著者・猪塚恵美子
  出版社・新潮社
  出版年・2007年1月
  評価・☆☆☆

ワープロで書類制作、手書きの手紙よりもメール。手書きの機会が減りました。
「手書きすることもないし、字が汚くてもいいや」と思うことでしょう。でも、まったく手書きの機会がないわけではありません。

たとえば結婚式に招待されて、お葬式に行って、自分の名前・住所を書くことがありますよね。そんなとき、ワープロで字を打つことはできません。
手紙もワープロより手書きの方がもらってうれしい。手書きは「あなただけのために、特別にわざわざ手間をかけました」というサインでもあります。その人の字を見て、書いた人の思いを汲み取ることもできます。

「字がうまくなりたい」と思ってたいていの人がやることがペン字練習帳などの「なぞりがき」。著者は、なぞりがきをしても字がうまくならないと主張しています。

なぞりがきは薄く書いてあるお手本をなぞって練習します。この線をうまくなぞれずはみ出す人がいるそうです。お手本の字が気に入らなかったら、自分の嫌いな字を書かなければいけません。
お手本がないと字がうまくなりません。何万とある字すべての練習をすることは不可能です。
練習する時間がない、練習が面倒だ、と途中でやめてしまうかもしれません。

著者が教える字がうまくなる方法とは、「字配り」に気をつけること。
一つひとつの字を見ると美しいとはいえないかもしれないけど、字の置き方に気をつけると、文章全体を見たとき美しく見えます。

字がうまくなりたいのは、書道家のように展覧会を開いたり、賞状書士のように仕事にしたいからではありません。「ちょっとおしゃれに、恥ずかしくない程度の字」が書きたいからです。そして、相手が読め書いてある内容が伝わればいいんです。だから、一つひとつの字がそれほど美しくなくても、全体としてうまく見えればそれでいいんです。

本書ではH氏が登場し、著者から「字配り」ルールを教えられ字がうまくなっていきます。失礼ですが、H氏が指導を受ける前に書いた字は汚くて読む気がしないし、読めません。横書きで「しかし」と書くと「かに」と読まれてしまそうです。それくらい汚い字です。

このH氏が著者の指導を受けたあとの字はその前と比べ、別の人が書いたのかと思うくらい違います。H氏はお手本を見ず、練習もしていません。それでも、文字が判読できるようになり、パッと見たときに美しい字になりました。

字がうまくなるために練習するのは時間がかかるし、練習帳を買うのにお金もかかります。本書を読めば、手間がかからず、あっという間に字がうまくなります。


道具も大切
LAMY サファリ ブラック 万年筆(EF) スチールペン先 L17-EF

LAMY サファリ ブラック 万年筆(EF) スチールペン先 L17-EF 〔正規輸入品〕


LAMY サファリ ブラック 万年筆(EF) スチールペン先 L17-EF


字がうまくなる 「字配り」のすすめ (新潮新書)

字がうまくなる 「字配り」のすすめ (新潮新書)


字がうまくなる 「字配り」のすすめ (新潮新書)

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。