スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『パリよ、こんにちは』 林真理子 盛田隆二 椎名誠 松本侑子 狗飼恭子 唯川恵


パリよ、こんにちは

パリよ、こんにちは


パリよ、こんにちは

 『パリよ、こんにちは』
  著者・林真理子 盛田隆二 椎名誠
     松本侑子 狗飼恭子 唯川恵
  出版社・角川書店
  出版年・2005年12月
  評価・☆☆☆☆

華の都、パリ。
6人の作家さんがパリをテーマに書いた短編集。

6人の作家さんの中で一番よかったのは、松本侑子さんの「夜ごとの美女」。松本侑子さんの作品を読むのは初めてです。

真夜中になると、パリの裏通りにやってくる人がいます。その人はじっと佇んでいます。服装は古風で不思議な雰囲気をまとっています。
彼女は一人の青年がこの裏通りを通るのをを毎日待っているのです。
やがて彼女と青年は言葉を交わすようになり、次第に仲良くなっていきます。
しかし、二人の楽しい日々は長くは続きませんでした。彼は父親に連れて行かれ、田舎に帰ってしまいます。
それから40年後。彼は昔恋をしたあの彼女に再会するのですが・・・。

40年も月日は流れましたが、今も彼女を思う彼の心、再会を果たせたことにじーーんときました。まさか彼女の正体がこうだったなんて。それでも彼は彼女に対する深い愛を抱いていて感激しました。

あまり短編集は好きではないのですが、ぐんぐん物語りに引き込まれて面白かったです。いろいろな作家さんの物語を読め、新たな作家さん開拓になりました。



↓たくさんの書評・レビュー・感想が集まっています↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

『甘い記憶』 井上荒野 江國香織 川上弘美 小手鞠るい 野中柊 吉川トリコ


甘い記憶 (新潮文庫)

甘い記憶 (新潮文庫)


甘い記憶 (新潮文庫)


 『甘い記憶』
 著者・井上荒野 江國香織 川上弘美
     小手鞠るい 野中柊 吉川トリコ
  出版社・新潮社
 出版年・2011年2月
 評価・☆☆☆

チョコレート大好き!昔は板チョコ1枚ペロリと食べていました。チョコばかり食べていて虫歯になったことも。
チョコレートをテーマにした短編集ということで読んでみました。

チョコレート中心の物語なのかなと期待していたのですが、チョコレートは脇役程度にしか出てきません。
ですが、チョコレートはスパイスのように物語に彩を添えています。チョコレートが登場するのとしないのとでは、物語の印象が変わると思います。

一番おししそうな話だったのは、野中柊さんの「二度目の満月」。
クレーム・アンジュ、サヴァランなど、私が聞いたこともない名前のスイーツが出てきます。どのスイーツも宝石のように輝いて見えました。
野中柊さんは『フランクザッパ・ストリート』という、飛びきりキュートなスイーツがいっぱい出てくる本を書いているくらいなので、スイーツが大好きなんでしょうね。

ある種の食べ物は心をつよくしてくれる。

チョコレートは私にとってそんな食べ物です。


↓たくさんの書評・レビュー・感想が集まっています↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村


テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

『熱い書評から親しむ感動の名著』 bk1with熱い書評プロジェクト


熱い書評から親しむ感動の名著

熱い書評から親しむ感動の名著


熱い書評から親しむ感動の名著


 『熱い書評から親しむ感動の名著』
  著者・bk1with熱い書評プロジェクト
  出版社・すばる舎
  出版年・2004年4月
  評価・☆☆☆☆

【書評】
書評(しょひょう、Book review)とは、一般的に、刊行された書物を読者に紹介する目的で論評や感想などを記す文芸評論の一形式である。(Wikipediaより)

書評なんてちょっと難しい言葉を使っているけど、書評とは読書感想文のようなものなんですね。

本書では、本好き66人が本について熱い思いを綴っています。
この人、本当に本が好きなんだなというのが伝わってきます。
私があまり好きではない作家さんでも、熱い思いがこもった書評を読んでいて、「面白そう、読んでみたい」とい気持ちが湧いてきました。

読んだことがある本の書評もあれば、読んだことがない本もあります。どちらかというと、私が読んだことがない本の方が多いです。この作家さん知らなかったな、面白そうとおもえる作家さんも多く、新たな読書開拓になります。
読んだことがある本については、この人はこういう感想を持ったんだ、私とこういうところが同じだな・違うなと他の方の感想が読めて面白いです。

この本を読んでいて、小説が読みたくなってきました。
読書っていいですね!



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村


テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。