スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『体温を上げると健康になる』 齋藤真嗣


体温を上げると健康になる

体温を上げると健康になる


体温を上げると健康になる

 『体温を上げると健康になる』
  著者・齋藤真嗣
  出版社・2009年3月
  出版年・サンマーク出版
  評価・☆☆☆

体温が1度下がると免疫力が30%も低下、基礎代謝は12%も低下してしまいます。基礎代謝が12%低下している人と、体温が高い人とでは、30分間ウォーキングするくらいの量の消費カロリーが違います。
そして体温が1度上がると、なんと免疫力は500~600%、つまり5,6倍も高くなるのです。
他にも体温が上がると癌になりにくい、など体温が上がるといい事がたくさんあります。

著者が勧める体温を上げる方法が筋肉をつけること。
冷えを治す本は、食事や服装、漢方などをよく紹介しているけど、筋肉をつけることについてはあまり触れられていません。その点が他の体温を上げる本とは違います。

筋肉もただつければいいというものではなくて、筋肉の質が大切なんだそうです。筋肉を鍛えるうえで大切なのは、脳から筋肉への神経経路を鍛えること。
それと、有酸素運動する前に無酸素運動をすると成長ホルモンが分泌され、有酸素運動だけのときよりもやせやすくなるそうです。
そのやり方も解説。

筋肉をつけるとムキムキになるから嫌だ、という女性は多いかと思いますが、筋肉には2種類あって、白筋という筋肉はムキムキ、赤筋というのはスレンダーな体型になるそうです。

トレーニングはそんなに難しいものではないし、3日に1回でいいそうなので、続けやすいです。

特に女性は、筋肉が少なくて冷え性になるという人が多いので、冷え取りをいろいろやったけど効果がない、という人は運動をして筋肉を鍛えるといいと思います。



   最後まで読んでくれてありがとう
  ↓たくさんの書評・レビュー・感想が集まっています↓

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。