スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『「塩」は体を温め、免疫力を高める!』 石原結實


「塩」は体を温め、免疫力を上げる!―今までの、極端な「減塩」信仰は大間違い! (リュウ・ブックス アステ新書)

「塩」は体を温め、免疫力を上げる!―今までの、極端な「減塩」信仰は大間違い! (リュウ・ブックス アステ新書)


「塩」は体を温め、免疫力を上げる!―今までの、極端な「減塩」信仰は大間違い! (リュウ・ブックス アステ新書)

 『「塩」は体を温め、免疫力を上げる!―今までの、極端な「減塩」信仰は大間違い!』
  著者・石原結實
 出版社・経済界
 出版年・2007年9月
 評価・☆☆☆

塩=高血圧という図式が一般的で、塩は悪者扱いされています。医師は高血圧の人には減塩を勧めます。しかし、それで高血圧の人が減ったでしょうか。今の日本では、年々高血圧患者の数が増えています。

高血圧の治療で減塩を進められている人は低体温のことが多いそうです。石原結實さんは、そんな人には明太子や漬物など、塩辛いものを好きなだけ食べなさいと言います。その結果、高血圧やその他の症状がなくなります。

塩は悪者扱いされていますが、体にはなくてはならないものです。塩が不足すると、やる気が出ない、筋肉の痙攣などを起こします。
タラソセラピーという塩を使った療法もあるくらいで、塩は体によい影響を与えます。

私の経験ですが、塩分濃度が高い温泉に入って股関節の痛みが治ったことがあります。温泉に入って血行がよくなったことや塩の働きでよくなったのだと思います。
関節痛、腰痛などに塩がいい、ということが本書に書いてあり、塩の力はすごいんだなということを感じました。

塩分を多くとっても、体はバランスを摂ろうとちゃんと排泄してくれます。
減塩をしているけど血圧が下がらない、やる気が出なかったりいまひとつ調子がよくない、という方は、もっと塩を摂った方がいいかもしれません。
塩は精製塩ではなく、自然塩にしてください。




   最後まで読んでくれてありがとう
  ↓たくさんの書評・レビュー・感想が集まっています↓

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。