スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『脳がよみがえる断食力』 山田豊文


脳がよみがえる断食力 (青春新書INTELLIGENCE)

脳がよみがえる断食力 (青春新書INTELLIGENCE)


脳がよみがえる断食力 (青春新書INTELLIGENCE)

 『脳がよみがえる断食力』
  著者・山田豊文
  出版社・青春出版社
  出版年・2009年1月
  評価・☆☆☆

断食というと一切食べ物を口にせず、水だけで過ごす苦しいもの、というイメージがあるかもしれません。山田豊文さんが提唱する断食はそのような辛いものではありません。
特性ドリンクを飲みながらの断食で、空腹感はあまり感じないそうです。

断食をするとケトン体という物質が分泌され、α波が出やすくなるのだそうです。それにより、ここぞというときに集中力を発揮できるようになります。
断食中は消化活動が休みになるので、普段消化に使われていたエネルギーが、傷の修復やデトックスに使われます。断食をして治癒・デトックスが行われると、以前よりも感覚が鋭くなったり、気分がスッキリしたりします。

1967年に起きた「カネミ油症事件」は、PCBやダイオキシンによって膨大な被害をもたらしました。この事件によって被害を受けた人たちは治療にあったたのですが、まったく効果がありませんでした。
そこへ光を射したのが断食です。断食を行った人たちに目覚しい効果が現れ、神経障害で95,6%、皮膚障害で83%とという高い改善効果がありました。

このように断食には体にとってよい効果があります。

この本では7日間程度の断食を勧めていますが、山田豊文さん著『ファスティングダイエットファスティングダイエット』や『3日で-3kg!ファスティングジュース・ダイエット3日で-3kg!ファスティングジュース・ダイエット』では、半日断食や1日断食も紹介しているので、長い期間断食をするのは無理、という人は半日や1日断食の方をするといいと思います。

半日断食をやってみました。ジュースがおいしい!お腹が空かないかな、と心配だったのですが、お昼までお腹が空きませんでした。1回やったくらいでは効果はありませんでした。1日や長い断食に比べて、半日断食は内臓を休める時間が短いので、継続的に行うとよいそうです。

断食をすると宿便が出るそうなので、それが楽しみです。



   最後まで読んでくれてありがとう
  ↓たくさんの書評・レビュー・感想が集まっています↓

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。