スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『文章のみがき方』 辰濃和男


文章のみがき方 (岩波新書)

文章のみがき方 (岩波新書)


文章のみがき方 (岩波新書)

 『文章のみがき方』
  著者・辰濃和男
  出版社・岩波書店
  出版年・2007年10月
  評価・☆☆☆

本書はいい文章を書くための38の技術を紹介したもの。

いい文章を書くには、まずは書くこと。書くことがなくても、「今日はいい天気だった」でもいいから、とにかく毎日書く。自分にしか書けないものを、自分の言葉で書く。
「この文章いいな」と思ったものを書き写すのもいい。書き写すことにより、その著者からより深く学んだり、紋切型を崩すのに役立ちます。

書いたら推敲。
「文章の中の、ここの箇所は切り捨てたらよいものか、それとも、このままのはうがよいものか、途方にくれた場合には、必ずその箇所を切り捨てなければいけない」
と太宰治は言っています。余計なものをそぎ落とすことにより、文章が引き締まります。
難しい漢字を使っていないか、同じ言葉が何度も出てきていないか、なども確認します。

よい文章を書くには、修行も必要です。
落語に学ぶ、土地の言葉を大切にする、自分と向き合う、などなど、よい文章を書くには修行が大切です。

一つ一つの項が短く要点をまとめられているので、頭にスラスラと入ってきます。
作家、画家たちの「文章論」や「作品」をふんだんに引用していて、太宰治や村上春樹など、優れた文章を書く人の優れた文章論を読むことができます。
多くの人の優れた文章論に触れることができ、そこから多くのことを学ぶことができます。


関連本
『伝える力』
『書くことが思いつかない人のための文章教室』



書評・レビューブログランキング
おすすめ本ブログランキング
10位以内ランクイン!

スポンサーサイト

テーマ : 読書 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

こんばんは。
上手に文章を書きたいと思っているのですが、それがとても苦手なので、この本、読んでみたいです。
文章が引き締まるって良いですよね。
無駄をそぎ落として、伝えたい事を伝える文章を書く・・・
取りあえず書いて書いて、文章を作る事に慣れる事から始めます^_^;

Re: タイトルなし

> 石焼きいもさん

上手に文章を書くには、練習あるのみ!毎日書き続けることです。

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。