スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『すべては一杯のコーヒーから』 松田公太


すべては一杯のコーヒーから (新潮文庫)

すべては一杯のコーヒーから (新潮文庫)

新品価格
¥546から
amazon


すべては一杯のコーヒーから (新潮文庫)

 『すべては一杯のコーヒーから』
 著者・松田公太
 出版社・新潮社
 出版年・2005年3月
 評価・☆☆☆☆

スペシャリティコーヒーとは、日本スペシャリティコーヒー協会によると「消費者(コーヒーを飲む人)の手に持つカップの中のコーヒーの液体の風味が素晴らしい美味しさであり、消費者が美味しいと評価して満足するコーヒーであること。」となっています。

本書は、著者がスペシャリティコーヒー販売店・タリーズを起業する物語です。

著者はアメリカで日本にはないおいしいコーヒーを飲み、スペシャリティコーヒーを日本に広めたいと考えます。早速「うまい」と思えるコーヒー探しが始まります。お腹がはちきれそうになりながらも、日に何件ものコーヒー店を廻ます。そして、タリーズと出会います。

タリーズを日本で広めたい。タリーズと交渉しますが、いい返事はもらえませんでした。
一度交渉しダメだからといって、すぐにはあきらめません。何度も何度もメールをし、熱い思いを伝えます。メールでダメなら、直接会いに行く。彼の熱い思いが伝わり、タリーズを日本で経営できることになりました。

この執念、情熱、あきらめない気持ちは、すごいと思います。多くの人は、ちょっとやってダメだったら、すぐにあきらめてしまっています。
情熱を持ち、執念深くあきらめずに続ける。これは、成功者に共通していることです。

成功法則を教える本ではないけど、彼の生き方、仕事との向き合い方から多くを学ぶことが出来る本です。


書評・レビューブログランキング
おすすめ本ブログランキング
10位以内ランクイン!

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。