スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『奇跡を呼ぶ100万回の祈り』 村上和雄


奇跡を呼ぶ100万回の祈り

奇跡を呼ぶ100万回の祈り

新品価格
¥1,575から
amazon


奇跡を呼ぶ100万回の祈り

 『奇跡を呼ぶ100万回の祈り』
  著者・村上和雄
  出版社・ソフトバンククリエイティブ
  出版年・2011年6月
  評価・☆☆☆

本書は、東日本大震災1ヵ月後に書かれたものです。そのためか、東日本大震災のことについて、多く触れられています。

2011年3月11日の震災は、多くの被害をもたらしました。果たして日本は復興できるのか。そんな不安を持たれた方もいると思います。
そんな日本に対し、世界中の国々の人たちが祈りを捧げてくれました。日本でも祈りを行った人が少なくないと思います。

ある女性の話です。彼女には知的障害の妹さんがいます。その時刻は、都内に勤務中のはず。交通網がマヒし、妹がどうやって帰宅すればいいのか、携帯もつながらず彼女は不安でした。
そんなとき、彼女が無意識にとった行動が「祈り」。その後、勤務先の先輩が車に乗せ送り届けてくれていることがわかりました。
「電話もない時代に暮らしていた人たちは、こうやって身近な人のことを思い、祈っていたのかもしれない」

東日本大震災は、私達日本人だけでなく世界中の人の考え方を変えさせました。
「目に見えるものだけではなく、目に見えないものも含めて考えなさい」と言われているような気がしてならない、と著者の言葉。
今こそ、祈りの力が必要なときなのかもしれません。


書評・レビューブログランキング
おすすめ本ブログランキング
10位以内ランクイン!

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。