スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想 『「捨てる!」ほど快適になるパソコンのカラクリ』 湯浅顕人


捨てる!ほど快適になるパソコンのカラクリ (宝島社新書 269)

捨てる!ほど快適になるパソコンのカラクリ (宝島社新書 269)

新品価格
¥680から
amazonで見る


捨てる!ほど快適になるパソコンのカラクリ (宝島社新書 269)

 『捨てる!ほど快適になるパソコンのカラクリ 捨てる!ほど快適になるパソコンのカラクリ
  著者・湯浅顕人
  出版社・宝島社
  出版年・2008年4月
  評価・☆☆☆

パソコンの起動が遅い、動きが遅い、突然固まる。こんなことで困っていませんか。
自分でパソコンの不具合を直し、高速化することはできます。

パソコンが遅いのは、不要なソフトやファイルが溜まっているのが原因。パソコンには、買ったときから使わないソフトがたくさん入っています。これは、パソコンが万人向けに作られていて、誰が使っても不具合がないようにするため。

最初から入っているソフトは、パソコンの料金に含まれています。使わないし、あっても遅くなるだけでいらないのに料金を取られてしまうなんて不条理な話です。

使っているうちに「ゴミファイル」も溜まってきます。自分で作って捨てるのを忘れたファイル、不具合が起きてできてしまったファイル。
パソコンは一見整然と動いているようですが、内部では不測の事態が日々起こっていて、「ゴミファイル」ができてしまいます。

これらの不要なものを捨てるだけで、スムーズにパソコンが動き、快適に使えるようになります。
人間も不要なもの(脂肪)がついていると動きが遅いような気が。人間もパソコンも不要なものを捨てスマートになった方が動きが早く、快適になります。

快適にする作業はすべてお金をかけずにできます。ソフトを買う必要はありません。
パソコンのことはよくわからず父に任せてしまっていますが、本書に書いてある内容は、すべて自分でできました。操作を行って少し動きが早くなり、イライラも軽減です。


コンピューター・IT書籍ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。