スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『字がうまくなる』○ーキャンを受ける必要なし


字がうまくなる 「字配り」のすすめ (新潮新書)

字がうまくなる 「字配り」のすすめ (新潮新書)

新品価格
¥714から
amazonで見る


字がうまくなる 「字配り」のすすめ (新潮新書)

 『字がうまくなる 「字配り」のすすめ (新潮新書)字がうまくなる 「字配り」のすすめ (新潮新書)
  著者・猪塚恵美子
  出版社・新潮社
  出版年・2007年1月
  評価・☆☆☆

ワープロで書類制作、手書きの手紙よりもメール。手書きの機会が減りました。
「手書きすることもないし、字が汚くてもいいや」と思うことでしょう。でも、まったく手書きの機会がないわけではありません。

たとえば結婚式に招待されて、お葬式に行って、自分の名前・住所を書くことがありますよね。そんなとき、ワープロで字を打つことはできません。
手紙もワープロより手書きの方がもらってうれしい。手書きは「あなただけのために、特別にわざわざ手間をかけました」というサインでもあります。その人の字を見て、書いた人の思いを汲み取ることもできます。

「字がうまくなりたい」と思ってたいていの人がやることがペン字練習帳などの「なぞりがき」。著者は、なぞりがきをしても字がうまくならないと主張しています。

なぞりがきは薄く書いてあるお手本をなぞって練習します。この線をうまくなぞれずはみ出す人がいるそうです。お手本の字が気に入らなかったら、自分の嫌いな字を書かなければいけません。
お手本がないと字がうまくなりません。何万とある字すべての練習をすることは不可能です。
練習する時間がない、練習が面倒だ、と途中でやめてしまうかもしれません。

著者が教える字がうまくなる方法とは、「字配り」に気をつけること。
一つひとつの字を見ると美しいとはいえないかもしれないけど、字の置き方に気をつけると、文章全体を見たとき美しく見えます。

字がうまくなりたいのは、書道家のように展覧会を開いたり、賞状書士のように仕事にしたいからではありません。「ちょっとおしゃれに、恥ずかしくない程度の字」が書きたいからです。そして、相手が読め書いてある内容が伝わればいいんです。だから、一つひとつの字がそれほど美しくなくても、全体としてうまく見えればそれでいいんです。

本書ではH氏が登場し、著者から「字配り」ルールを教えられ字がうまくなっていきます。失礼ですが、H氏が指導を受ける前に書いた字は汚くて読む気がしないし、読めません。横書きで「しかし」と書くと「かに」と読まれてしまそうです。それくらい汚い字です。

このH氏が著者の指導を受けたあとの字はその前と比べ、別の人が書いたのかと思うくらい違います。H氏はお手本を見ず、練習もしていません。それでも、文字が判読できるようになり、パッと見たときに美しい字になりました。

字がうまくなるために練習するのは時間がかかるし、練習帳を買うのにお金もかかります。本書を読めば、手間がかからず、あっという間に字がうまくなります。


道具も大切
LAMY サファリ ブラック 万年筆(EF) スチールペン先 L17-EF

LAMY サファリ ブラック 万年筆(EF) スチールペン先 L17-EF 〔正規輸入品〕


LAMY サファリ ブラック 万年筆(EF) スチールペン先 L17-EF


字がうまくなる 「字配り」のすすめ (新潮新書)

字がうまくなる 「字配り」のすすめ (新潮新書)


字がうまくなる 「字配り」のすすめ (新潮新書)

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。